・アーチチョーク葉エキス

・アマチャエキス

・アラントイン

・アルゲエキス

・アルニカエキス

・アロエベラ葉エキス

・インドナガコショウ果実エキス

・ウコン根茎エキス

・ウメ果実エキス

・オウゴンエキス

・オトギリソウエキス

・オドリコソウ花/葉/茎エキス

・オランダガラシ葉/茎エキス

・加水分解シルク

・カッコンエキス

・カミツレ花エキス

・キュウリ果実エキス

・キラヤ樹皮エキス

・グレープフルーツ果実エキス

・クレマティスエキス

・クロレラエキス

・ゲットウ葉エキス

・紅茶エキス

・ゴボウ根エキス

・コンフリー葉エキス

・サボンソウ葉エキス

・シア脂

・シソエキス

・シラカバ樹皮エキス

・スギナエキス

・スクワラン

・セイヨウアカマツ球果エキス

・セイヨウキズタ葉/茎エキス

・セイヨウシロヤナギ樹皮エキス

・セイヨウトチノキ種子エキス

・セイヨウナツユキソウ花エキス

・セイヨウニワトコエキス

・セージ葉エキス

・ゼニアオイ花エキス

・センキュウ根茎エキス

・ダイズ種子エキス

・ダイズ発酵エキス

・トウキエキス

・トウキンセンカ花エキス

・トルメンチラ根エキス

・トレハロース

・ナツメ果実エキス

・乳酸桿菌/セイヨウナシ果汁発酵液

・乳酸桿菌/ブドウ果汁発酵液

・ニンニクエキス

・パパイン

・パリエタリアエキス

・ヒキオコシ葉/茎エキス

・ビタミンE

・ヒメフロウエキス

・フユボダイジュ花エキス

・ブチャーブルームエキス

・プルーン分解物

・ヘチマエキス

・ホウノキ樹皮エキス

・ボタンエキス

・ホップ花エキス

・ホホバオイル

・マグワ根皮エキス

・ムクロジエキス

・メリアアザディラクタ葉エキス

・ヤグルマギク花エキス

・ユズ果実エキス

・レモン果実エキス

・レモングラス葉/茎エキス

・ローズマリー葉エキス

・ローマカミツレ花エキス

 
キク科。一般的にはヨーロッパに見られますが、アメリカ合衆国でも栽培されている一年生植物です。花は大きくて青色ですが、いくつかの変種では白色やばら色の花も見られます。ヤグルマギクには様々の成分が含有されていますが、その中でも特異的に存在するものとしてはガロカテキンがあり、防腐効果やすばらしい効果をみせるのは、これを目の炎症をおさえるために目薬として用いたときです。 ミカン科、カンキツ属。原産地は中国の長江上流といわれており、日本には朝鮮半島を経て奈良・平安時代に渡来したとされています。ユズは樹勢が強く、樹高は3~5mになります。花期は初夏で、やや大型の白色の花をつけ果実は偏球形で果皮に凹凸があります。ミカン属のなかで最も耐寒性が強く、東北地方を含め全国各地で広く栽培されています。高知県と徳島県が主産県であり、日本と中国以外ではほとんど栽培されていません。また、化粧品では、保湿作用や刺激緩和作用などが期待されます。