・アーチチョーク葉エキス

・アマチャエキス

・アラントイン

・アルゲエキス

・アルニカエキス

・アロエベラ葉エキス

・インドナガコショウ果実エキス

・ウコン根茎エキス

・ウメ果実エキス

・オウゴンエキス

・オトギリソウエキス

・オドリコソウ花/葉/茎エキス

・オランダガラシ葉/茎エキス

・加水分解シルク

・カッコンエキス

・カミツレ花エキス

・キュウリ果実エキス

・キラヤ樹皮エキス

・グレープフルーツ果実エキス

・クレマティスエキス

・クロレラエキス

・ゲットウ葉エキス

・紅茶エキス

・ゴボウ根エキス

・コンフリー葉エキス

・サボンソウ葉エキス

・シア脂

・シソエキス

・シラカバ樹皮エキス

・スギナエキス

・スクワラン

・セイヨウアカマツ球果エキス

・セイヨウキズタ葉/茎エキス

・セイヨウシロヤナギ樹皮エキス

・セイヨウトチノキ種子エキス

・セイヨウナツユキソウ花エキス

・セイヨウニワトコエキス

・セージ葉エキス

・ゼニアオイ花エキス

・センキュウ根茎エキス

・ダイズ種子エキス

・ダイズ発酵エキス

・トウキエキス

・トウキンセンカ花エキス

・トルメンチラ根エキス

・トレハロース

・ナツメ果実エキス

・乳酸桿菌/セイヨウナシ果汁発酵液

・乳酸桿菌/ブドウ果汁発酵液

・ニンニクエキス

・パパイン

・パリエタリアエキス

・ヒキオコシ葉/茎エキス

・ビタミンE

・ヒメフロウエキス

・フユボダイジュ花エキス

・ブチャーブルームエキス

・プルーン分解物

・ヘチマエキス

・ホウノキ樹皮エキス

・ボタンエキス

・ホップ花エキス

・ホホバオイル

・マグワ根皮エキス

・ムクロジエキス

・メリアアザディラクタ葉エキス

・ヤグルマギク花エキス

・ユズ果実エキス

・レモン果実エキス

・レモングラス葉/茎エキス

・ローズマリー葉エキス

・ローマカミツレ花エキス

ダイズ属、マメ科の一年草です。中国大陸原産で、世界的に広く栽培されています。ダイズは古代からの貴重な栄養源で、10世紀の《医心方》食養篇では五穀中、「胡麻」の次にあげていて煮汁を服用すれば全ての毒を去ると言われていました。また、高濃度含まれているイソフラボンには女性ホルモン様作用を持っており、皮膚中のコラーゲンの代謝活性を向上させ、皮膚の老化を抑制する、作用が期待されます。 ダイズを特殊な方法で発酵処理することで得られた高粘性タンパク質水溶液です。その主成分はグルタミン酸系ポリマーで皮膚上の天然保湿因子であるピロリドカルボン酸の精製を促進し、つっぱり感、ベタつき感を残さないのが大きな特徴です。 せり科。中国原産で、日本では本州中部から北部の山地のがけ地や岩礫地で自生しています。伊吹山のものは全株が緑色です。中国にある話で、妻が婦人病になったため、夫は家に帰らなくなり妻から離れていきました。妻は、早く病を治さねばとこの薬草を飲んだところ、たちまち全快しました。そこで妻は「夫よ、まさにわがもとに帰るべし」といったということで、ここからこの名前がついたといわれます。
キンセンカ属、キク科。地中海沿岸、ヨーロッパ原産の2年生草木で、花には、苦味質、精油、樹脂などを含み、欧米では利尿、発汗、婦人科の薬として使われており、傷口につけても効果があるといわれています。また、ニキビの化膿防止や、シミを防ぐにも効果的です。頭髪剤にも用いられますが、その場合には、脂漏性のフケや、あぶら性の肌に対して効果的で、とくに皮脂の変敗臭の発生を抑制してくれます。 バラ科。ヨーロッパ、西アジア、シベリア、まれに地中海に分布する多年草です。薬用に根茎(トルメンチラ根)が用いられます。根茎には、カテコールタンニン(貯蔵中にフロバフェン類に変わる)、アルコールのトルメントール、配糖体のトルメンチリル、でん粉、糖、苦味質のキノビン酸などが含有されます。薬効は止血、抗炎症薬、傷薬に用いられ、激しい下痢に対しては強力な治療薬です。主としてチンキ剤として切り傷、すり傷、日焼けを含むやけどに外用します。この薬草には上皮形成を促進させる作用があります。 乾燥や凍結に対して保護作用を持つ糖です。リン脂質膜の安定化、酵素活性の安定化といった高分子の高次構造維持作用が推定され、保水機能だけでなく、細胞膜に直接作用し、細胞を乾燥による障害から保護するという別のアプローチが期待されます。すなわち、従来使用されてきた保湿製剤とはことなる、新たな保湿製剤としての可能性を持っています。