・アーチチョーク葉エキス

・アマチャエキス

・アラントイン

・アルゲエキス

・アルニカエキス

・アロエベラ葉エキス

・インドナガコショウ果実エキス

・ウコン根茎エキス

・ウメ果実エキス

・オウゴンエキス

・オトギリソウエキス

・オドリコソウ花/葉/茎エキス

・オランダガラシ葉/茎エキス

・加水分解シルク

・カッコンエキス

・カミツレ花エキス

・キュウリ果実エキス

・キラヤ樹皮エキス

・グレープフルーツ果実エキス

・クレマティスエキス

・クロレラエキス

・ゲットウ葉エキス

・紅茶エキス

・ゴボウ根エキス

・コンフリー葉エキス

・サボンソウ葉エキス

・シア脂

・シソエキス

・シラカバ樹皮エキス

・スギナエキス

・スクワラン

・セイヨウアカマツ球果エキス

・セイヨウキズタ葉/茎エキス

・セイヨウシロヤナギ樹皮エキス

・セイヨウトチノキ種子エキス

・セイヨウナツユキソウ花エキス

・セイヨウニワトコエキス

・セージ葉エキス

・ゼニアオイ花エキス

・センキュウ根茎エキス

・ダイズ種子エキス

・ダイズ発酵エキス

・トウキエキス

・トウキンセンカ花エキス

・トルメンチラ根エキス

・トレハロース

・ナツメ果実エキス

・乳酸桿菌/セイヨウナシ果汁発酵液

・乳酸桿菌/ブドウ果汁発酵液

・ニンニクエキス

・パパイン

・パリエタリアエキス

・ヒキオコシ葉/茎エキス

・ビタミンE

・ヒメフロウエキス

・フユボダイジュ花エキス

・ブチャーブルームエキス

・プルーン分解物

・ヘチマエキス

・ホウノキ樹皮エキス

・ボタンエキス

・ホップ花エキス

・ホホバオイル

・マグワ根皮エキス

・ムクロジエキス

・メリアアザディラクタ葉エキス

・ヤグルマギク花エキス

・ユズ果実エキス

・レモン果実エキス

・レモングラス葉/茎エキス

・ローズマリー葉エキス

・ローマカミツレ花エキス

クワ科の落葉樹。北半球の温暖な湿地帯に多く、葉は蚕の飼料として用いられてきた古い歴史があり、絹糸、絹織物の生産にとって大切な原料植物として、中国大陸、朝鮮半島、日本などにおいて古くから栽培されていました。また薬用として漢方では、消炎性利尿、緩下剤として用いられ日本では民間で、葉を用いて「桑茶」として使用、果実は食用(生食)とされ、その効果としては、強壮、滋養、利尿、鎮咳に効果ありと言われています。 ムクロジ科。日本中部以西の山地に自生している落葉の高木で、ムクロジの種子はお正月の風物詩、羽根突きに使う羽根の玉に使われています。また仮種皮(果肉)にはムクロジ・サポニンを含んでおり、そのサポニンはヘゲラゲニンで「延命皮」といい、俗に「ムクの皮」とか「シャボン」といって洗剤やシャボン玉遊びの起泡剤にされていました。果実の皮を剥ぎ取り、皮を陰干しにして煎じたものはリウマチ、咳止めにも用いられました。 センダン科。ニームはインド、南アジア、アフリカ、中南米などの熱帯地方に自生、栽培される常緑樹で、成長すると15~20mに達します。また、生命力が強く活発に芽を出します。白く小さな花が咲き、その花はジャスミンにも似た非常に甘い香りがします。実は黄色から緑色で、色や大きさはオリーブに似ています。ニームは葉、樹皮、枝、種子などほとんどの部位に薬効があるとされ、特にインドでは「村の薬局」とも呼ばれ、生活に欠かすことのできない植物となっています。また、スキンケアでは、抗炎症作用や美白作用などが期待されます。